• facebook
  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • twitter
  • instagram

三沢市下久保:NY様邸

2020.06.19

基礎 土間コンクリート

お世話になっております。

基礎の仕上げ工程に入り、ポーチや玄関など土間部分の打設が行われました。

1・2枚目は玄関とポーチになります。

3枚目はユニットバスのスペースになりますが、外周内側をスタイロフォームで囲む基礎断熱となります。建物外周を100㎜、内部を50㎜でしっかりと断熱しています。

2020.06.17

基礎 型枠外し

お世話になっております。

基礎コンクリート打設の養生期間を終えて、型枠の解体が行われました。

ポーチなどの土間の打設や仕上げを行って基礎工事が完了となります。

2020.06.15

基礎 コンクリート打設

お世話になっております。

天候にも恵まれ、予定の日程通りに基礎コンクリートの打設が行われました。

三枚目の写真の立上りから見えるボルトは「アンカーボルト」で基礎と土台を固定するものです。

2020.06.11

基礎 土間排水管設置

お世話になっております。

基礎の配筋と同時に排水管の設置が行われました。

底盤を貫通し、建物外周に抜けるように配管されています。

コンクリート打設前に施工し、基礎完了後に外部排水管と接続します。

2020.06.11

基礎 立上り型枠

お世話になっております。

基礎の立上りの型枠が取付されました。

コンクリートの打設の準備が整い、いよいよ打設となります。

2020.06.11

配筋検査

お世話になっております。

配筋が終わり、第三者機関(JIO)による配筋検査が行われました。

申請した設計図書や建築基準に従った施工がされているか検査員がチェックします。

鉄筋の配置や結束の仕方など指摘事項は無く、適合(合格)いたしました。

2020.06.08

配筋

お世話になっております。

配筋が行われました。今回は「ベタ基礎」と呼ばれる基礎工法ですので、外周や内部の立ち上がりだけではなく底盤も一体として配筋されます。

2020.06.03

鎮物

鎮物お世話になっております。

地鎮祭でいただいた「鎮物(しずめもの)」を納めました。

今後の工程としては、捨てコン打設、配筋、配筋検査、コンクリート打設となります。

2020.06.02

捨てコン打設

お世話になっております。

「捨てコン」が打設されました。捨てコンとは根堀りをした外周部に打設されますが、型枠や鉄筋を設置する下地となるだけではなく、位置確定の墨出し、建物の高さの基準をとるために重要なものです。2枚目、3枚目の写真では型枠留めの金物や基礎の位置を記した線や印がご覧いただけます。

2020.06.02

防湿シート

 

お世話になっております。

砕石が敷き詰められた上に「防湿シート」が敷かれました。

防湿シートは地下からの湿気を建物に侵入させないためのもので、隙間なく施工されます。

こちらは給水の取り出し配管となります。基礎工事と並行して給排水の配管工事も行われています。

2020.05.30

砕石敷き

お世話になっております。

「根堀り」の次の工程「砕石敷き」が行われました。均等に敷き詰めてから転圧して締め固めます。

2020.05.29

基礎工事 着工

根彫り

根彫り基礎工事が始まりました。

まずは「根彫り」と呼ばれる建物外周の掘り下げ作業が行われました。周囲に見える木材の囲いは「やり方」で、建物の位置や高さの基準を決めるために設置されています。外周の位置に糸を張って確認したり、測定機器をつかって高さの確認をしながら作業を正確に進めていきます。

 

2020.04.19

地鎮祭

地鎮祭お世話になっております。

本日より建築ブログを始めさせていただきます。

地鎮祭が4月19日に行われました。

少し雨が降るあいにくの天候となりましたが、工事の安全を祈願いたしました。

お問合せ・来場予約フォーム

GO! さあお家をみに行こう!
オンライン住宅相談会