• facebook
  • twitter
  • instagram
  • facebook
  • twitter
  • instagram

三沢市下久保:NY様邸

2020.08.31

NY様邸 造作家具

お世話になっております。

造作家具工事が始まりました。写真はNY様と先日のお打合せにて決まりました、書斎スペースの吊り書棚となります。L型のカウンターデスクなど工事が進みましたら、またご紹介したいと思いますのでよろしくお願いいたします。

2020.08.31

NY様邸 水道工事

お世話になっております。

給排水の工事が行われています。

写真はライニングと呼ばれる配管スペースで、この上に給湯器(ボイラー)が設置されます。

床から出ているパイプは、左から洗濯機用の蛇口で青1本、お風呂の追い炊き用の赤2本、給湯器からのお湯で赤1本、給湯器への給水で青1本、細い白い管は給湯器の給油管となります。床を貫通する穴とパイプの間は、気密を逃さないようにしっかりとコーキング処理されます。

2020.08.27

NY様邸 ユニットバス設置

お世話になっております。

ユニットバスが設置されました。

ユニットバスは各メーカーの専門施工スタッフによって組立られます。写真のように設置後は竣工時のクリーニングまでしっかりと養生されています。

2020.08.20

NY様邸 1階ボード貼り

お世話になっております。

1階の石膏ボードが貼られた様子をご紹介いたします。

1枚目はダイニングから見た階段・ホールで、2枚目はリビングから見たダイニングキッチンとなります。階段・ホールからLDKへ続く空間が広く開放的なスペースが出来上がりました。

2020.08.18

NY様邸 2階ボード貼り

お世話になっております。

石膏ボードが貼られた2階の様子をご紹介いたします。

1枚目は階段ホールで2枚目は吹抜けとなります。

2020.08.04

NY様邸 階段

お世話になっております。

内部では造作工事が進み、階段が下地まで完成いたしました。この下地の上に仕上げ材が施工されます。

2020.07.31

NY様邸 屋根

お世話になっております。

屋根工事が行われています。屋根仕上げ材の施工が完了しますと、建物外観が良く分かるようになります。軒先の部分の板金や雨樋など、もう少し工事が進んでからの作業もありますが、足場が撤去されて全景が観れるようになる日が楽しみです。

2020.07.30

NY様邸 吹抜け

お世話になっております。

吹抜け部分には、作業のために仮設の床が作られていましたが、いよいよ撤去されました。5面からの採光が室内を明るくし、また外を見ると視界が広く気持ちの良い空間が出来上がりました。

2020.07.27

NY様邸 ウインドシャッター

お世話になっております。

全景では足場のネットで見えにくいのですが、ウインドシャッターが取付されています。サッシと同色のホワイトで外観正面を彩るポイントの1つとなりました。

2020.07.25

NY様 内部下地

お世話になっております。

内部ではニッチの下地が完成しました。玄関ホールにニッチが2つ並んでいます。上部のアーチ仕上げは半円を切り抜いた合板に沿って貼られ、きれいなRに仕上がっています。

2020.07.25

NY様 外壁完成

お世話になっております。

外壁が完成いたしました。

屋根まわりなど、外部の仕上げは残っていますが、建物の外観イメージが良く分かるようになりました。

2020.07.24

NY様 壁ボード

お世話になっております。

建物内部では壁に石膏ボードが貼られ、部屋や空間の広さが実感できるようになりました。1枚目は吹き抜けの5連窓の西側で、2枚目はベッドルーム1となります。

2020.07.21

NY様 外壁

お世話になっております。

外壁の樹脂サイディング工事が始まりました。

足場やネットに隠れて見えにくいのですが、玄関周りは良く牛来いただけると思います。

2020.07.19

NY様 外壁下地

お世話になっております。

外壁の下地が出来上がり、樹脂サイディングを貼る準備が整いました。この外壁の下地材の厚みの空間は通気層になりますので、下から上へ通気できるように施工されています。

2020.07.17

NY様 天井ボード貼り

お世話になっております。

2階天井の石膏ボード貼りが行われています。

1枚目の天井から降りているケーブルは照明用のもので、2枚目の四角い枠は天井点検口となります。

2020.07.16

NY様 気密検査

お世話になっております。

気密検査が行われました。気密シートが適切に貼られているか、開口部分のテープ処理が行われているかなど確認し、無事合格いたしました。写真のように窓周りや換気システム用の開口部分がテープ処理されています。

2020.07.12

NY様 断熱・気密②

お世話になっております。

建物外周部に断熱材を充填し、気密用のシートで隙間なくラッピングします。

写真はLDのスペースですが、シートの継目やサッシ・コンセントBOXなどの開口部分は、気密を逃さないようにテープ処理が行われます。

2020.07.12

NY様 断熱・気密①

お世話になっております。

建物外周の壁面に隙間なく断熱材が入れられています。

2枚目の写真は2階天井から穴を開けて配線した箇所です。配線したケーブルと穴の隙間をコーキング処理で気密をとっています。以前にご紹介しました気密用コンセントBOXなど、細かな部分まで配慮し気密の高い家づくりが行われています。

お問合せ・来場予約フォーム

GO! さあお家をみに行こう!
オンライン住宅相談会