ロゴ
2024.07.05

コンクリートとアスファルトの特徴の違いとは?

コンクリートとアスファルトの特徴の違いについてご存知ですか?

輸入住宅、注文住宅を建てるなら、外構にもこだわりたいですよね!

こちらの記事では2つの違いをご紹介いたします。

 

コンクリートとアスファルトの特徴の違い

1.成分と色の違い

2.耐久性の違い

3.施工期間の違い

4.費用面の違い

 

1.成分と色の違い

まず成分は、コンクリートは【セメントと水、砂や砂利】を混ぜ合わせて固めたものです。アスファルトは、【石油から作られた液体アスファルトと砂や砂利】を混ぜ合わせて作られています。そして色は、コンクリートは灰色、アスファルトは黒っぽい色をしています。

▼コンクリートを使用した外構のお家

    

▼アスファルトを使用した外構のお家

2.耐久性の違い

次に耐久性についてです。コンクリートは耐久年数・重量物に対しての耐久力に優れており、コンクリートが固まる過程で強度を増していきます。

アスファルトに関しては、コンクリートと比較すると耐久年数は短いですが、柔軟性が有り、修復しやすい点が特徴です。

 

3.施工期間の違い

施工期間に関しては、コンクリートは水分が蒸発するまで、数日~数週間かかります。

反対に、アスファルトは施工後すぐ冷えて固まり、乾燥します。

▼コンクリートの施工後の様子

4.費用面の違い

価格に関しては、コンクリートの方がアスファルトより初期費用が高くなる傾向ですが、その分、耐久年数や耐久力が優れています。長期的に見るとコンクリートの方が維持費がかかりにくいです。

アスファルトはコンクリートと比較すると修繕などの維持費がかかる可能性はありますが、初期費用が抑えられるため、広範囲の舗装を検討したい時などにおすすめです!

▼コンクリートを使用した外構のお家

以上の違いをまとめた表がこちらです。

コンクリート アスファルト
成分・色 セメントと水、砂や砂利(灰色) 石油から作られた液体アスファルトと砂や砂利(黒色)
耐久性 耐久年数・重量物に対しての耐久力に優れる 柔軟性が有り、修復しやすい点
施工期間 数日~数週間 施工後すぐ冷えて固まり乾燥する
費用 初期費用が高いが維持費が抑えられる 初期費用が安いが維持費が高くなる可能性がある

 

コンクリート、アスファルト、どちらもメリット・デメリットがございますので

素材の特徴を踏まえて選択していくことをおすすめします!